NEWS

NEWS

平成31年度の社会保険料率について(協会けんぽ)

投稿日:2019年3月29日

平成31年3月分保険料(4月納付分)から、全国健康保険協会(協会けんぽ)の

健康保険料率および介護保険料率が改定となります。

健康保険料率については各都道府県によって引上げ・引下げ・据え置きに分かれ、

介護保険料率は引上げ(全国一律)となりました。

 

平成31年3⽉分からの健康保険料率(各都道府県支部別)

支部 新社会保険料率 支部 新社会保険料率 支部 新社会保険料率 支部 新社会保険料率
北海道 10.31% 東京都 9.90% 滋賀県 9.87% 香川県 10.31%
青森県 9.87% 神奈川県 9.91% 京都府 10.03% 愛媛県 10.02%
岩手県 9.80% 新潟県 9.63% 大阪府 10.19% 高知県 10.21%
宮城県 10.10% 富山県 9.71% 兵庫県 10.14% 福岡県 10.24%
秋田県 10.14% 石川県  9.99% 奈良県 10.07% 佐賀県 10.75%
山形県 10.03% 福井県 9.88% 和歌山県 10.15% 長崎県 10.24%
福島県 9.74% 山梨県 9.90% 鳥取県 10.00% 熊本県 10.18%
茨城県 9.84% 長野県 9.69% 島根県 10.13% 大分県 10.21%
栃木県 9.92% 岐阜県 9.86% 岡山県 10.22% 宮崎県 10.02%
群馬県 9.84% 静岡県 9.75% 広島県 10.00%  鹿児島県  10.16%
埼玉県 9.79% 愛知県 9.90% 山口県 10.21%  沖縄県 9.95%
千葉県 9.81% 三重県 9.90% 徳島県 10.30%    

その他、労働保険・雇用保険・厚生年金保険料率については、平成31年中の改定はございません。

 

社会保険料が変更されたとき、会社はそのことを社員に通知する義務があります。

料率の変更漏れや、徴収のタイミングの誤りがないよう事前に確認しておくことが大切です。

-NEWS

関連記事

令和元年版の「労働経済白書」公表 「働きやすさ」と「働きがい」が人手不足緩和のキーワード

2019年10月29日、厚生労働省から令和元年版の「労働経済白書」が公表されました。 今年は副題に「人手不足の下での「働き方」をめぐる課題について」とあり、現在多くの企業が実感している人手不足の状況が …

民法改正による賃金等請求権への影響について

令和2年4月に民法の一部が改正され、賃金を含む一般債権の消滅時効の期間について、複数あった時効の期間が統一され「知った時から5年(権利を行使することができる時から10年の間に限ります。)」とされること …

監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成30年度)

厚生労働省から、令和元年(2019)8月8日に「平成30年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果」が公表されました。 全国の労働基準監督署が、賃金不払残業に関する労働者からの申告や各種情報に基づき企 …

時間外労働の上限規制について

今回は、時間外労働の上限規制について書かせて頂きます。 これまでの労基法でも、36協定を締結せずに時間外労働や法定休日労働をさせた場合には罰則がありました。 ところが、36協定で定めた時間外労働時間数 …

令和2年度の厚生労働省予算の概算要求

厚生労働省の令和2年度予算の概算要求が出ました。毎年、概算要求に翌年度の助成金の動向がみて取れることから、注目しているところです。 今回の予算要求における重点項目として、「多様な就労・社会参加の促進」 …

PREV
意思決定
NEXT
節目