お役立ち資料
オンラインチャットお問合せ お問合せ

日々のできごと

投稿日:2024年3月1日

チアレッジからの手紙 2024年3月

社労士グループ

寺田MG ・大塚 ・ ・福岡 ・角本 ・右田 ・ ・河原

DXグループ

小掠 ・福井

管理グループ

野田

 

マネージャー 寺田

皆 様 、 こ ん に ち は 。 寺 田 で ご ざ い ま す 。
関 東 地 方 も 二 月 に 入 り 、例 年 よ り も 気 温 も 高 く な る 日 が 多 く 、 早 々 に 春 を 感 じ る 季 節 と な っ て き ま し た 。
春 は 別 れ と 出 会 い の 季 節 で す ね 。こ の 春 に 卒 業 、入 学 、ま た 、 入 社 を 控 え て ら っ し ゃ る 方 も 多 い と 思 い ま す 。
私 の 一 人 息 子 は 、来 年 大 学 受 験 の 予 定 で す 。あ ま り 学 業 や 学 校 の こ と に は 口 を 挟 ま ず に 今 ま で 過 ご し て き ま し た 。先 日 、 妻 か ら 古 文 が ま っ た く 理 解 で き ず に 苦 戦 し て い る と 聞 き ま し た 。そ こ で 私 は 、妻 と 一 緒 に 出 掛 け た 先 で 本 屋 に 寄 り 、古 文 の 単 語 帳 と 、 追 加 で 英 単 語 の 参 考 書 を 購 入 し ま し た 。
今 ま で ま っ た く と 言 っ て い い ほ ど 関 与 せ ず に 過 ご し て き ま し た の で 、手 渡 し す る 際 に は ど の よ う な 反 応 が あ る か 、気 に な り な が ら 渡 し ま し た が 、思 い の ほ か 、静 か に で は あ り ま す が「 あ り が と う 」と 、一 言 と 添 え て 受 け 取 っ て も ら え ま し た 。 少 し 、 私 も 色 々 な 意 味 で 安 心 し ま し た 。
あ と 一 年 、自 分 自 身 を 追 い 込 ん で 、行 き た い 大 学 へ 受 か る よ う に 頑 張 っ て ほ し い と 思 い ま す 。

 

社労士グループ 大塚

春 の 陽 気 を 感 じ る こ と が 増 え て ま い り ま し た 。 皆 様 は い か が お 過 ご し で し ょ う か 。
『 私 は 失 敗 し た こ と が な い 。 た だ 、 一 万 通 り の う ま く い か な い 方 法 を 見 つ け た だ け だ 』 ( ト ー マ ス ・ エ ジ ソ ン )
と て も 前 向 き な 発 想 で 、 勇 気 を も ら え る 言 葉 で す 。 失 敗 と い う 言 葉 は ど う し て も ネ ガ テ ィ ブ な イ メ ー ジ で す が 、 目 指 す も の が 明 確 で あ れ ば 、 そ れ ま で の 道 の り は 全 て 意 味 の あ る も の だ と い う こ と で す ね 。
こ の エ ジ ソ ン の 名 言 は 、 白 熱 灯 を 発 明 し た 後 、 記 者 か ら 投 げ か け ら れ た 質 問 に 対 し て 答 え た も の だ そ う で す 。
何 か を 成 し 遂 げ 、 そ れ ま で の 失 敗 に 感 謝 で き る よ う 、 努 力 を 重 ね て い き た い と 思 い ま す 。

 

社労士グループ 白

寒 暖 差 の 激 し い 今 日 こ の 頃 、皆 様 、体 調 な ど 崩 さ れ て お り ま せ ん で し ょ う か 。
最 近 、『 僕 の 姉 ち ゃ ん 』 と い う ド ラ マ を 見 ま し た 。 姉 と 弟 の 二 人 暮 ら し を 描 い た 作 品 で 、漫 画 が 原 作 で す 。仕 事 を 終 え た 姉 と 弟 が 、自 宅 の リ ビ ン グ で 、夕 飯 を 食 べ な が ら 、恋 や 仕 事 や 人 生 に ま つ わ る 会 話 を 繰 り 広 げ ま す 。ほ の ぼ の と 優 し い 空 気 感 が 心 地 よ く て 、つ い 見 入 っ て し ま い ま す 。
と あ る 日 、 仕 事 が う ま く い か ず 凹 ん で い た 弟 。「 自 分 に は 良 い と こ ろ が 全 然 な い 、自 分 の こ と が 嫌 に な る 」と 姉 に 弱 音 を 吐 き ま す 。す る と 、姉 は「 あ ん た の 良 い と こ ろ は 、別 に あ ん た が 知 ら な く て も い い ん じ ゃ な い か い 。」 と 答 え る の で す 。 弟 の 良 い と こ ろ は 、 姉 で あ る 自 分 や あ ん た の 周 り の 友 達 が 知 っ て い る か ら 、そ れ で 十 分 な ん だ よ 、と 。
私 自 身 も 、 つ い 欠 点 や 失 敗 に 意 識 を 向 け て は 落 ち 込 み が ち で す が 、 私 の い い と こ ろ っ て 何 ? と 、家 族 や 友 達 に 聞 き た く な り ま し た 。そ し て 逆 も ま た 然 り 。あ な た の こ ん な と こ ろ が 素 敵 な ん だ よ 、こ ん な と こ ろ が 好 き な ん だ よ と 周 り に 沢 山 伝 え た く な り ま し た 。

 

社労士グループ 福岡

こ ん に ち は 。 社 会 保 険 労 務 士 法 人 チ ア レ ッ ジ の 福 岡 で す 。少 し ず つ 暖 か く な り 、春 ら し さ が 感 じ ら れ る 頃 と な り ま し た が 、 皆 さ ま い か が お 過 ご し で し ょ う か 。
最 近 知 人 か ら 大 量 の さ つ ま い も を 頂 き ま し て 、 大 学 芋 や 煮 物 等 、色 々 作 っ て み た も の の 、な か な か 消 費 で き ず 、 日 持 ち は す る も の の ど う や っ て 使 っ て い こ う か と 悩 ん で い た の で す が 、 調 べ る と 電 子 レ ン ジ で 焼 き 芋 が で き る と 知 り 、 早 速 試 し て み る と 、と て も 簡 単 に 美 味 し く で き て 、子 ど も の 頃 は 冬 に よ く 焼 き 芋 を 食 べ た な と 、 な ん だ か 懐 か し い 気 持 ち に な り ま し た 。 電 子 レ ン ジ で 焼 き 芋 、 洗 い 物 も 出 な く て 簡 単 な の で お す す め で す 。
年 度 末 で 色 々 と 大 変 な 時 期 だ と 思 い ま す が 、 皆 さ ま く れ ぐ れ も お 体 に 気 を つ け て お 過 ご し く だ さ い ま せ 。

 

社労士グループ 角本

こ ん に ち は 。 社 会 保 険 労 務 士 法 人 チ ア レ ッ ジ の 角 本 で す 。早 春 の 候 、ま す ま す ご 健 勝 の こ と と お 喜 び 申 し 上 げ ま す 。
私 事 で 恐 縮 で す が 、 兼 ね て よ り お 付 き 合 い し て い る 方 と 先 日 婚 約 い た し ま し た 。 今 年 中 に は 籍 を 入 れ る 予 定 で す が 、 私 自 身 結 婚 す る の だ と い う 実 感 が 未 だ に 湧 か な い の も 事 実 で す 。た だ 、 こ な い だ 相 手 の ご 両 親 に ご 挨 拶 に 伺 っ た 際 に は 、 責 任 と い う も の を よ り 強 く 感 じ る よ う に な り ま し た 。今 ま で は 一 人 だ っ た か ら こ そ 、あ る 意 味 、 自 分 が 良 け れ ば そ れ で い い と い う 考 え で は あ っ た の で す が 、 今 後 は 二 人 で 助 け 合 い な が ら 生 き て い く と い う こ と に な り 、 自 分 の 今 後 の 在 り 方 に つ い て よ り 一 層 考 え る よ う に な り ま し た 。
ま だ ま だ 未 熟 で 至 ら な い 点 も 多 々 あ る 私 で は あ る の で す が 、パ ー ト ナ ー と 支 え 合 い な が ら 、私 自 身 も 活 躍 し て い か な く て は い け な い な と 思 い ま し た 。

 

社労士グループ 右田

チ ア レ ッ ジ の 右 田 で す 。 最 近 レ ゲ エ サ ン ス プ ラ ッ シ ュ Ⅱ と い う ジ ャ マ イ カ の レ ゲ エ 野 外 フ ェ ス イ ベ ン ト を 取 り 上 げ た 映 画 が デ ジ タ ル リ マ ス タ と し て 上 映 が あ り ま し た 。
私 の 趣 味 の 一 つ と し て 音 楽 が と に か く 好 き で し て 、 特 に レ ゲ エ ミ ュ ー ジ ッ ク が 大 好 き で す 。 こ れ は 観 に 行 か な け れ ば と 思 い さ っ そ く 観 に 行 き ま し た 。 1980 年 に 開 催 さ れ た 野 外 フ ェ ス イ ベ ン ト で あ り 、そ の 頃 の レ ゲ エ は「 ル ー ツ 」と 多 く が 呼 ば れ て お り ま す 。私 は ル ー ツ レ ゲ エ が 好 き で 、代 表 的 な ア ー テ ィ ス ト と し て は ボ ブ ・ マ ー リ ー や ジ ミ ー ・ ク リ フ 、サ ー ド ・ ワ ー ル ド な ど の ア ー テ ィ ス ト が い ま す 。 聞 い た こ と が あ る 方 も 多 い の で は な い で し ょ う か 。
そ の 映 画 の 中 で 語 ら れ て い た 言 葉 で と て も 心 に 刺 さ っ た 言 葉 が あ り ま し た 。 ゲ ッ ト ー と い う ジ ャ マ イ カ の ス ラ ム 街 が あ る の で す が ゲ ッ ト ー 出 身 の ア ー テ ィ ス ト が 映 画 の 中 で 「 俺 た ち は 曲 が 売 れ る か 、 警 察 に 撃 た れ る か だ け だ 。」 と 語 ら れ て お り ま し た 。 私 は そ れ を 聞 い た と き に 死 に 物 狂 い で 努 力 し て 生 き 抜 い て い る の だ な と 強 く 思 い ま し た 。逆 に 言 え ば 、だ か ら こ そ 1980 年 代 200 万 人 程 し か い な い 小 さ な 島 国 か ら こ れ だ け 世 界 中 に 響 く 音 楽 文 化 が 作 ら れ た の だ な と ・ ・ ・ こ の 映 画 を 観 て さ ら に レ ゲ エ ミ ュ ー ジ ッ ク が 好 き に な り 、 自 分 も 見 習 わ な く て は と 思 い ま し た 。

 

社労士グループ 林

少 し ず つ 春 を 感 じ る 季 節 に な り ま し た 。今 年 は 早 々 に 暖 房 器 具 を 仕 舞 い ま し た 。も う 寒 く な ら な い こ と を 祈 る ば か り で す 。  私 に は 1 歳 の 娘 が お り 、昨 年 の 初 節 句 に 小 さ な ひ な 人 形 を 買 い ま し た 。「 せ っ か く だ し 、 昔 な が ら の ひ な 人 形 を 買 い た い ! 」と 思 っ て い ま し た が 、収 納 ス ペ ー ス や 飾 る 場 所 を 考 え て 断 念 。ち り め ん 織 の お 手 玉 程 の 大 き さ の お 内 裏 様 、お 雛 様 、 三 人 官 女 が セ ッ ト に な っ て い る も の を 購 入 し ま し た 。お 手 軽 す ぎ る か な ? と 思 い ま し た が 、壊 れ る 心 配 が ほ と ん ど な い の で 、一 緒 に 並 べ た り 、お 人 形 さ ん 遊 び を し た り す る こ と が で き る の で と て も 気 に 入 っ て い ま す 。
時 代 に 合 わ せ て 、「 も の 」 や 「 こ と 」 が 変 わ っ て い く の は 寂 し く は あ る も の の 、そ の 時 代 に 合 っ た 変 化 は 素 敵 だ な 、と 思 い ま す 。も ち ろ ん 伝 統 的 な も の は 尊 重 し つ つ 、自 分 に あ た も の を 選 択 し て い く の は 大 切 だ な 、と 感 じ た 出 来 事 で し た 。
仕 事 も 同 じ く 、従 来 の や り 方 を 尊 重 し な が ら 、変 化 を 受 け 入 れ て い く べ き も の に つ い て は 柔 軟 で あ り た い と 思 い ま す 。

 

社労士グループ 河原

初 め ま し て 。 2 月 に 入 社 し ま し た 。 河 原 優 花 と 申 し ま す 。
前 職 で は 人 事 総 務 に 従 事 し て い ま し た 。 私 は 、 前 職 の 経 験 か ら 、 人 事 労 務 の プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル と し て 、 多 く の 企 業 様 の 逞 し い 土 台 に な り た い と い う 夢 を 抱 き 入 社 い た し ま し た 。 ま だ ま だ 入 社 し て 日 が 浅 い 為 、 で き る こ と は 少 な い で す が 、 毎 朝 、 今 日 は ど う い っ た 仕 事 を 任 せ て も ら え る の か な ! と ワ ク ワ ク し て い ま す 。
私 は 昔 か ら 、 毎 日 の 仕 事 を 楽 し み 、 キ ラ キ ラ 働 い て い る 人 に 憧 れ て い ま し た 。 し か し 、 世 の 中 に は 、 仕 事 = マ イ ナ ス な イ メ ー ジ を 持 っ て い る 人 は 少 な く な い か と 思 い ま す 。 そ う い っ た 中 で 、 毎 日 キ ラ キ ラ 働 く 人 達 に は ど う い っ た 特 徴 が あ る の か 自 分 な り に 考 え て み た と こ ろ 、 二 つ 特 徴 が あ る と 思 い ま し た 。
一 つ 目 は 些 細 な 事 に も 感 謝 が で き 、 そ れ を 日 々 言 葉 や 行 動 で 表 現 で き る 人 、 そ し て 二 つ 目 は 、 初 心 を 忘 れ な い 人 で す 。 当 初 感 じ て い た ワ ク ワ ク 感 や 緊 張 感 、 不 安 に 感 じ て い た 思 い と い う の は 、 や は り 、 時 間 が 経 て ば 経 つ ほ ど 薄 れ て い っ て し ま い ま す 。 し か し 、 こ う い っ た 一 番 初 め に 感 じ て い た プ ラ ス な 思 い や マ イ ナ ス な 思 い の 両 方 を 忘 れ ず に 働 く こ と で 、 日 々 の 中 に 気 づ き や 変 化 が よ り 生 ま れ 、 毎 日 が 色 鮮 や か に な る の だ と 思 い ま す 。
チ ア レ ッ ジ と い う 新 天 地 で 、 今 の こ の 気 持 ち と 、 感 謝 を 忘 れ る こ と な く 、 キ ラ キ ラ 働 く こ と が 私 の 毎 日 の 目 標 で す 。

 

DXグループ 小掠

皆 様 こ ん に ち は 。 小 掠 で ご ざ い ま す 。 い か が お 過 ご し で し ょ う か ?
今 年 も 花 粉 の 季 節 が 到 来 し ま し た ね 。 私 は 、 く し ゃ み 鼻 水 の 症 状 は な い の で す が 、 肌 が 弱 い の で こ の 時 期 は 肌 荒 れ が ひ ど く な っ て し ま い ま す 。 こ こ か ら 2 ヶ 月 程 辛 抱 の 時 期 、 、 、 面 倒 な ス キ ン ケ ア な ん と か 頑 張 り ま す 。 。 。
さ て 、 我 が 家 で は 昨 年 の 11 月 か ら 桃 鉄 ワ ー ル ド で 1 0 0 年 対 戦 中 で ご ざ い ま す 。 休 み の 日 に 家 族 皆 で ち ょ こ ち ょ こ 進 め て 、 家 族 団 欒 の 楽 し い 時 を 過 ご し て い ま す 。 。 。 。 と 言 い た い と こ ろ で す が 、 キ ン グ ボ ン ビ ー に 何 回 も 赤 字 に さ せ ら れ た 息 子 は 、 か れ こ れ こ の 戦 い で 十 回 く ら い は 泣 い て い る の で は ( 笑 ) そ ん な 壮 絶 な 戦 い も 、 い よ い よ 9 0 年 目 に 突 入 し ま し た 。 正 直 家 族 皆 8 0 年 目 く ら い か ら 飽 き て き て お り 、 や っ と 終 わ る ぞ と 、 タ ス ク を こ な す 感 じ に な っ て き て お り ま す ( 笑 )
何 事 も 程 々 が 一 番 で す ね !

 

DXグループ 福井

皆 様 こ ん に ち は 。 福 井 で ご ざ い ま す 。
私 は 年 に 四 回 ク ッ キ ー 缶 を 作 り 、友 人 た ち に 送 り 付 け て い ま す 。季 節 ご と に い ろ い ろ な ク ッ キ ー を 詰 め て 送 っ て い る の で す が 、十 一 月 に チ ア レ ッ ジ に 入 社 し た た め 、土 日 休 み の 平 日 五 日 出 勤 に 慣 れ ず 、ク ッ キ ー 缶 を 作 る た め の 体 力 の 余 裕 が あ り ま せ ん で し た 。冬 の ク ッ キ ー 缶 を 作 る こ と が で き な い ま ま 冬 が 明 け そ う に な っ て し ま い ま し た が 、冬 の 終 わ り か け で は あ り ま す が な ん と か 作 る こ と が で き ま し た 。
友 人 は 北 海 道 や 長 野 な ど 遠 く に 住 ん で い る の で 、な か な か 頻 繁 に 会 う こ と が で き ま せ ん が 、 ク ッ キ ー 缶 の お 返 し に と 、 そ の 土 地 の お 菓 子 や 育 て た 野 菜 な ど を 送 り 返 し て く れ る の で 、文 面 だ け で は で き な い コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が と れ て い ま す 。友 人 の 喜 ぶ 顔 が 思 い 浮 か ぶ の も 嬉 し い こ と の ひ と つ で す 。
皆 様 の 喜 ぶ 顔 も 見 ら れ る よ う 、精 一 杯 努 力 い た し ま す の で 、 引 き 続 き よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

 

管理グループ 野田

寒 暖 差 の 激 し い 季 節 で す が 、 皆 様 体 調 は 崩 さ れ て お り ま せ ん で し ょ う か 。
最 近 は お 休 み の 日 に 美 術 館 巡 り を す る こ と が 多 く な り ま し た 。 東 京 に 越 し て き て 、 様 々 な 美 術 展 に 足 を 運 ぶ こ と が で き る よ う に な り 、 楽 し み が 増 え ま し た 。
直 近 は 、ゴ ッ ホ・ア ラ イ ブ と い う 体 験 型 展 示 会 に 行 っ て ま い り ま し た 。所 謂 、美 術 館 の 中 で 美 術 品 を 鑑 賞 す る と い う ス タ イ ル で は な く 、 映 像 や 音 楽 、香 り な ど 、様 々 な 感 覚 か ら ゴ ッ ホ の 絵 画 や 軌 跡 を 楽 し め る と い う 展 示 会 で す 。従 来 の 鑑 賞 ス タ イ ル と は 異 な り 、会 話 を し な が ら 、ま た 写 真 や 動 画 を 撮 っ た り な ど 、思 い 思 い の 過 ご し 方 が で き る た め 、幅 広 い 年 代 の 方 が 楽 し ん で い ま し た 。一 月 に ゴ ッ ホ 展 で 絵 画 を 鑑 賞 し て き た ば か り だ っ た の で 、 エ ン タ ー テ イ ン メ ン ト 性 に 溢 れ た 没 入 型 の 展 示 は 、 別 の 角 度 か ら ゴ ッ ホ を 深 堀 す る こ と が で き て と て も 面 白 か っ た で す 。
固 定 観 念 に 捕 ら わ れ な い 楽 し み 方 や 、展 示 の 魅 せ 方 な ど 、現 代 な ら で は の 美 術 鑑 賞 を 体 験 で き る の で 、 興 味 の あ る 方 は ぜ ひ お 試 し く だ さ い !

-日々のできごと