オンラインチャットお問合せ お問合せ

情報共有

投稿日:2023年3月30日

2023年度の雇用保険料率と雇用保険の給付概要

雇用保険料率は財政状況に応じて毎年度、見直しが行われています。2023年度の雇用保険料率は、2022年度の下期からさらに引き上げられることになりましたので、その内容と従業員が雇用保険から受けられる各種給付について確認します。

■ 2023年度の雇用保険料率

2022年度はコロナ禍で雇用保険料率を引き上げることに対する労使の負担感が考慮され、上期と下期の2段階での引上げとなりました。2023年度は2022年度の下期の雇用保険料率からさらに従業員負担・会社負担ともに1/1,000引上げられ、下表のとおりとなります。

表 2023年度の雇用保険率

従業員負担 会社負担 合計
一般の事業 6/1.000 9.5/1.000 15.5/1.000
農林水産・清酒製造の事業 7/1.000 10.5/1.000 17.5/1.000
建設の 7/1.000 11.5/1.000 18.5/1.000

■ 雇用保険の給付

雇用保険の給付は、大きく「育児休業給付」と「失業等給付」に分かれます。

育児休業給付

育児・介護休業法における育児休業および出生時育児休業を取得した際に行われる給付です。育児休業給付金は、雇用保険の被保険者の方が、原則1歳未満の子を養育するために育児休業を取得して、要件を満たした場合に支給されます。

また、出生時育児休業給付金は、雇用保険の被保険者の方が、産後パパ育休(出生時育児休業)を取得して、要件を満たした場合に支給されます。

失業等給付

従業員が失業した場合や会社が従業員を継続して雇用することが難しくなるような事由が生じた場合に、従業員(退職者を合む)に必要な給付を行うとともに、その生活及び雇用の安定を図るための給付です。大きく分けて、求職者給付、就職促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付の4種類から構成されています。

■ 失業等給付における各給付の概要

求職者給付

従業員が退職した場合に支給される基本手当を中心に、失業者の生活の安定を図るとともに、求職活動を容易にすることを目的として支給されるもの。

・ 基本手当 ・ 技能習得手当 ・ 傷病手当 など

就職促進給付

失業者が早期に再就職した際に支給される再就職手当等、失業者が再就職することを援助、促進することが主目的とされたもの。

・ 就業手当 ・ 再就職手当 ・ 就業促進定着手当 など

教育訓練給付

労働者の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を目的とするもの。

・ 教育訓練給付金 ・ 教育訓練支援給付金

雇用継続給付

従業員の職業生活の円滑な継続を援助、促進することを目的とするもの。

・ 高年齢雇用継続基本給付金 ・ 育児休業給付金 ・ 介護休業給付金 など

 

なお、普段従業員が負担している雇用保険料が上記の各種給付の財源として充てられています。

雇用保険料率が引き上げられ、従業員の負担感が増すタイミングであることから、雇用保険にどのような給付が設けられているか従業員にも周知するとよいでしょう。 例えば、 教育訓練給付を利用することで、働きながらスキルアップできる仕組みがあることを伝えることもその一つです。

しっかりと説明をし、理解を得ることで従業員の不安感を事前に取り除いておきましょう。

-情報共有

関連記事

解雇を実施する際の留意点

雇用契約の終了には、定年退職や自己都合退職の他、解雇や雇止めがあります。この中でも、解雇を行う際には様々な注意点があり、トラブルとならないように事前に策を講じる必要があります。以下ではその内容を整理し …

今すぐ確認したい転倒災害の現状と防止対策

労働災害における事故の型別では「転倒」が最多であり、令和4年の発生状況では、死傷災害全体に占める割合で4分の1を超えています。そこで、転倒災害の実態と防止対策をとり上げます。 ■転倒災害の実態 令和4 …

年次有給休暇の8割要件を計算する際のポイント

年次有給休暇 (以下、「年休」という)の付与については、全労働日の8割以上出勤していることという要件(以下、「8割要件」という)がありますが、その計算の際に、会社の責に帰すべき事由によって休業した日や …

導入を検討したい勤務間インターバル制度

「労働時間等設定改善法」(労働時間等の改善に関する特別措置法)が改正され、2019年4月1日より勤務間インターバル制度の導入は企業の努力義務となりました。 国は2025年までに導入している企業の割合を …

36協定についてよくある質問

  36協定についてよくある質問 <チアレッジ通信> 年度末に向け、「時間外労働・休日労働に関する協定」(以下、「36協定」という)の締結に係る準備を始める企業も多いかと思います。 そこで今 …