オンラインチャットお問合せ お問合せ

情報共有

投稿日:2022年12月26日

管理監督者は労働時間を管理しなくても良いのか?

 

管理監督者は労働時間を管理しなくても良いのか?

<チアレッジ通信>

2019年4月に施行された働き方改革関連法に伴い、労働基準法や労働安全衛生法が改正されました。
その際、管理監督者の労働時間の状況把握が義務化され、注目を集めました。
法改正から約3年経ちましたが、管理監督者の状況把握は進んでいるでしょうか。
人事労務管理で問題になるポイントを、解説いたします。

■ そもそも労働基準法上の「管理監督者」とは?

会社内で管理職としての地位にある労働者でも、労働基準法上の「管理監督者」に当てはまらない場合があります。例えば、会社では「店長」を管理職と位置づけていても、実際に労働基準法上の「管理監督者」に係る判断基準からみて、十分な権限もなく、相応の待遇等も与えられていないと判断される場合には「管理監督者」には当たらず、残業手当を支払わないでよいということにはなりません。

「管理監督者」に当てはまるかどうかは、役職名ではなく、その職務内容、責任と権限、勤務態様等の実態によって判断します。

■ 管理監督者は労働時間を管理しなくてもいいのか?

まず、労働基準法上の管理監督者に当てはまる労働者であっても、深夜労働(午後10時から翌朝5時まで)の割増賃金は支払い義務があります。また、労働安全衛生法では「労働時間の状況の把握」が求められています。労働時間の状況把握の方法については、労働時間の適正把握と同様に、勤怠ソフトでの記録やパソコンのログの記録など客観的な方法や、その他適切な方法により行うことが求められています。どのような時間帯にどの程度の時間、労務を提供し得る状態にあったかを把握するものになります。

労働時間の状況把握の結果、時間外・休日労働が1ヶ月あたり80時間を超えた場合、その他の労働者と同様に従業員本人にその旨を通知する必要があります。そして通知の結果、労働者が医師の面接指導を希望する場合は実施義務があります。

いかがでしょうか?管理監督者の労働時間の状況の把握ができていない会社はこれを機に見直しをしていただければと思います。

勤怠ソフトの中には、長時間労働が発生しそうだということを予測して、アラームを鳴らしてくれるものもあります。人が目で見て判断するよりもこういった機能を利用して、労働時間を減らしていく取り組みをおすすめ致します。

-情報共有

関連記事

定年、雇止め、解雇等の労働契約終了の種類

労働契約の終了には、労働者が申し出ることにより終了する辞職(自己都合による退職)の他、様々な種類があります。以下では、その種類と留意点の概要を確認します。 ■ 定年退職 「定年」とは、労働者が一定の年 …

勤怠ソフトの設定方法で時間外労働が減る

今回は、実務の話を書かせて頂きます。弊社は勤怠ソフトの設定の代行をさせて頂くこともあるのですが、多くの会社で、所定外労働と時間外労働を混同しているケースが見受けられます。 「所定外労働」とは会社で定め …

2023年度の雇用保険料率と雇用保険の給付概要

雇用保険料率は財政状況に応じて毎年度、見直しが行われています。2023年度の雇用保険料率は、2022年度の下期からさらに引き上げられることになりましたので、その内容と従業員が雇用保険から受けられる各種 …

導入を検討したい勤務間インターバル制度

「労働時間等設定改善法」(労働時間等の改善に関する特別措置法)が改正され、2019年4月1日より勤務間インターバル制度の導入は企業の努力義務となりました。 国は2025年までに導入している企業の割合を …

シフト制で労働日や労働時間を決定・変更する際の留意点について

労働契約では、労働日や労働時間を予め確定させた上で契約を締結することが原則です。しかし、契約の締結時点では確定的に定めず、一定期間ごとに作成される勤務割や勤務シフト等において初めて具体的な労働日や労働 …