オンラインチャットお問合せ お問合せ

情報共有

投稿日:2022年8月30日

勤怠ソフトの設定方法で時間外労働が減る

今回は、実務の話を書かせて頂きます。弊社は勤怠ソフトの設定の代行をさせて頂くこともあるのですが、多くの会社で、所定外労働と時間外労働を混同しているケースが見受けられます。

「所定外労働」とは会社で定めた「所定労働時間」を超えて労働した時間のことをいいます。⼀方、法律上の「時間外労働」とは、労働基準法で定められた「法定労働時間」(1⽇8時間・1週40時間)を超える時間のことをいいます。36協定で「時間外労働」の上限規制があるのは、この「法定労働時間」を超える「時間外労働」のことを指します。
しかしながら、多くの会社で、「所定外労働」を「時間外労働」として取り扱っているケースが多いのです。これまでは、アナログで勤務時間の集計を行っていたため、「所定外労働」と「時間外労働」を分けて集計するのはとても手間がかかりました。集計の手間を省くために、実務上は「所定外労働」しかカウントしていなかったというケースが多かったのです。
しかし、本来「時間外労働」ではない時間を「時間外労働」としてカウントした結果、36協定違反という判定になるのは納得のいかないところです。
ちなみに弊社はフレックスタイム制を適用していますが、直近の「所定労働時間」は152時間で、「法定労働時間」は177時間でした。その差はなんと25時間です。フレックスタイム制の場合、「時間外労働時間」を計算する際、月の実労働時間が「法定労働時間」を何時間超えたかを判定すればよいので、「所定外労働」と「時間外労働」の差はそのまま25時間ということになります。ですから弊社では「所定外労働時間」と「時間外労働時間」を分けて集計しています。
こういった計算は、勤怠ソフトがあれば簡単にできます。私が勤怠ソフトの導入を強くお勧めする理由の一つです。

これから建設業等の「時間外労働」の上限規制猶予期間が令和6年3月31日をもって終了します。働き方を変えて労働時間を減らす工夫をすることはもちろんですが、勤怠ソフトを導入して、集計方法を変えることによって、「時間外労働時間」を減らすことを検討してみてはいかがでしょうか?

-情報共有

関連記事

シフト制で労働日や労働時間を決定・変更する際の留意点について

労働契約では、労働日や労働時間を予め確定させた上で契約を締結することが原則です。しかし、契約の締結時点では確定的に定めず、一定期間ごとに作成される勤務割や勤務シフト等において初めて具体的な労働日や労働 …

36協定についてよくある質問

  36協定についてよくある質問 <チアレッジ通信> 年度末に向け、「時間外労働・休日労働に関する協定」(以下、「36協定」という)の締結に係る準備を始める企業も多いかと思います。 そこで今 …

解雇を実施する際の留意点

雇用契約の終了には、定年退職や自己都合退職の他、解雇や雇止めがあります。この中でも、解雇を行う際には様々な注意点があり、トラブルとならないように事前に策を講じる必要があります。以下ではその内容を整理し …

時間単位年休と子の看護休暇等の時間単位の取扱いの違い

各種休暇の中で、従業員が時間単位で取得できるものとして年次有給休暇と子の看護休暇・介護休暇(以下、「子の看護休暇等」という)があります。それぞれの取扱いの違いに着目し、内容を確認します。 ■ 子の看護 …

2023年度の雇用保険料率と雇用保険の給付概要

雇用保険料率は財政状況に応じて毎年度、見直しが行われています。2023年度の雇用保険料率は、2022年度の下期からさらに引き上げられることになりましたので、その内容と従業員が雇用保険から受けられる各種 …